発達障害もどきの行く末

ASDグレーゾーンと診断された大卒非正規でも、死ぬときだけは後悔を残したくない

新世界の豪華なゲストハウス「Home Hostel Osaka」に泊まってきた

どうも、発達障害もどきです。略して「はつしがもどき」です。

 

今回もゲストハウスに宿泊してきました。タイトル通り「Home Hostel Osaka」という、スパワールドおよび新世界の近くにあるゲストハウスになります。


f:id:kamigami000bond:20190729220117j:image

 

 

それ以前に

 

 

「お前どっから金出てんの!?」

 

 

なんて言われそうですが、そこはあまり気にしないでいただけるとありがたいです。

 

 

今まで宿泊したゲストハウスと違って、「Home Hostel Osaka」はクオリティがケタ違いに高いです。

 

一つ一つ特徴を見ていきましょう。

 

スパワールドからめっちゃ近い!!!!

 

 

徒歩で2分!!!!!

 

距離は190m!!!!!

 

 

スパワールドにさえ辿り着ければ、もう着いたと言っても過言ではありませんね。

 

今回紹介するこちらのゲストハウスに行きたい人は、まずはスパワールドを目指しましょう。


f:id:kamigami000bond:20190729215915j:imagef:id:kamigami000bond:20190729215950j:image

スパワールドを出たら、新世界方面を目指します。まずは目の前の階段を下りて行きます。


f:id:kamigami000bond:20190729220309j:image

この「日本一の串かつ 横綱を右に曲がります。ちなみに串かつは別の店で食べてきました。美味しかったです、また食べたいです。


f:id:kamigami000bond:20190729220451j:image

 

右に曲がった後、目の前の「鶴橋風月」を左に曲がります。これで目的地に辿り着けます。


f:id:kamigami000bond:20190729220522j:image

 

ゲストハウスの部屋や設備について

 

まずはチェックインをします。

 

受付からゲストハウスを利用する上での説明を聞きます。


f:id:kamigami000bond:20190729221033j:imagef:id:kamigami000bond:20190730080251j:image

宿泊施設にチェックインするとき、僕はよく疲弊しているので、こんなの一々読んでいられません。

 

なので、こうして写真を撮っておきます。

 

 

ちなみに中はこんな感じになってます。


f:id:kamigami000bond:20190729221437j:imagef:id:kamigami000bond:20190729221454j:imagef:id:kamigami000bond:20190729221505j:image

めっさ綺麗すぎひん…!!!????

 

本当にここはゲストハウスなのかと疑ってしまうくらい、ラウンジが綺麗でした。これなら、今晩の寝床も綺麗に違いない。そんな期待を胸に、エレベーターで寝床のある3Fまで向かいます。


f:id:kamigami000bond:20190729221716j:image

ドアの前で暗証番号を入力し、部屋に入ります。

 

ガチャ☆


f:id:kamigami000bond:20190729221916j:imagef:id:kamigami000bond:20190729221939j:image

 

うえぇぇぇ…!!!!!??????

 

ま、まさかの貸し切りぃぃぃ!!!!!??????

 

 

これはさすがに驚きました。なんと今晩は僕一人だけです。

 

嬉しいことこの上ないのですが、これだとゲストハウスの魅力が薄れてすこし寂しいような…。

 

まぁ人がいないので、より快適に眠れるかとは思います。


f:id:kamigami000bond:20190730114008j:image

 

 

 

 

 

汗がドボドボなので、早速シャワーを浴びていきます。「女性立入禁止」のようですが、若い女の子なら大歓迎ですわよ。

 

「あ…!!!!! す、すみません…!!!! 間違えました…/////(><)/////」

 

みたいな。


f:id:kamigami000bond:20190729222217j:imagef:id:kamigami000bond:20190729222516j:image

シャワールームはこんな感じで、部屋数も多かったので、繁忙期でも順番待ちをすることはおそらくないと思います。


f:id:kamigami000bond:20190729222450j:image

トイレはウォシュレット付きです。

 

 

さてこの「Home Hostel Osaka」ですが、屋上にはなんとテラスがあるのです。

 

すごいですね!!!!!

 

とりあえず行ってみましょうか。


f:id:kamigami000bond:20190729223024j:image

おおぉぉぉぉぉぉぉぉぉ…!!!!!????


f:id:kamigami000bond:20190729223103j:image

何だこれは、最高かよ…!!!!!!

 

 

ここまでくるとゲストハウスの域を出てしまっている気がします。ゲストハウスと見せかけて、実は高級ホテルだったのではないかと、僕はこの景色を見て思いました。

 

総評、そして気になるお値段は…!?

 

一泊2,950円でした。まぁこんなもんだと思いましたけどね、明らかにクオリティ高かったわけですし。

 

僕としては屋上のテラスを潰して、その分値段を下げてくれないかなぁなんて思ったほどでした。あのテラスがないだけで維持コストもかなり削減できるんじゃないかと思っているのですが。

 

 

ですが、設備に関しては完璧でした。それ以前に貸し切りだったのが一番大きかったですね。

 

ゲストハウスの一室をほぼ貸し切りって、この時期だと絶対に無理だと思っていたのですが、意外といけちゃいました。もう多分二度と同じことは起こらないでしょうね。

 

 

宿泊には少し値が張りましたが、泊まることができて良かったと思います。

 

 

大阪のゲストハウスの基準額としては、およそ2,500円以内のところが妥当なのではないか、と今回の宿泊によってある程度目星を付けることができました。

 

 

 

みなさんも、安いかつ設備の整ったホテルに泊まれるよう、下調べは欠かさずに行ってくださいね。

 

はい以上、さようなら(^_^)/~~


f:id:kamigami000bond:20190730060936j:imagef:id:kamigami000bond:20190730060947j:image

 

おまけ


f:id:kamigami000bond:20190730061004j:image

いつも通り、「大寅食堂」で朝食をいただこうとしていたのですが、ご覧の通りでした。

 

当時は7月30日(火)でしたので、閉まっていたというわけです。

 

 

個人で営業している飲食店なので、こうしたことはしばしば起こります。

 

ネットでもあまり書いていないことが多いので、実際に現地に行って確かめる以外に手はありません。

 

 

それではまた次の記事でお会いしましょう!!!!