発達障害もどきの行く末

ASDグレーゾーンと診断された大卒非正規でも、死ぬときだけは後悔を残したくない

値段があまりにも高いゲストハウスに泊まってきた

どうも、発達障害もどきです。略して「はつしがもどき」です。

 

そろそろゲストハウスに泊まるのも飽きてきた発達障害もどきですが、ちゃんと紹介していきますぞ。

 

 

今回はこちらのゲストハウスに泊まってきました。


f:id:kamigami000bond:20190909201535j:image

はい、「AZ HOSTEL」になります。

 

いかにもゴージャスな雰囲気を醸し出していますよね。まるでビジネスホテルとゲストハウスが融合したかのような。

 

 

ではでは、早速見ていきましょうか。

 

御堂筋線 淀屋橋駅 1番出口から一瞬で行ける距離にありますwww


f:id:kamigami000bond:20190909202240j:image

まずは御堂筋線淀屋橋駅を目指しましょう。駅に着いたら、1番出口から外に出ます。


f:id:kamigami000bond:20190909202520j:image

駅を出たら即回れ右します。そこからひたすら真っ直ぐ進みます。


f:id:kamigami000bond:20190909202729j:image

途中、大阪市役所があります。記念に撮っておきました。

 

f:id:kamigami000bond:20190909202702j:image

GO STRAIGHT


f:id:kamigami000bond:20190909202712j:image

こちらの交番前まで来たら、右に曲がります。


f:id:kamigami000bond:20190909204043j:image

そしてそこから少し歩を進めます。


f:id:kamigami000bond:20190909204659j:image

お疲れ様でした。では早速チェックインしていきます。

 

気になるお値段は果たして…???

 

なんとなんと3,500円でした。

 

僕が今まで泊まったどのゲストハウスよりもずっと高価格でした。

 

 

しかし心の中では

 

 

これだけ値段が高いんだ。きっと設備面もこれまでとは一線を画しているに違いない!!!

 

 

そう思いながら、チェックインを済ませゲストハウスの中を覗いていきます。移動はおもにエレベーターになります。


f:id:kamigami000bond:20190909220346j:image

無料でスリッパをもらえます。しかし使い捨てなので、チェックアウト時はすぐに捨てますが。

 

寝床にはなんと空調が付いている!!!!????

f:id:kamigami000bond:20190909210213j:image

鉄のハシゴってなんかカッコいいよね(﹡ˆ﹀ˆ﹡)

 

 

男女混合ドミトリーというやつで、ごく稀に同室の女の子といちゃいちゃすることができることで有名です。


f:id:kamigami000bond:20190909210824j:image

「510」が、今夜の僕の寝床になります。下の段ですね。願わくば、上の段で眠りたかったです。

 


f:id:kamigami000bond:20190909211738j:image

ほら、こちら!!!

 

空調が備わっているのです。正直な話、いらない機能だと思っています。これで料金を取っているのかと疑いたくなりますよね。


f:id:kamigami000bond:20190909211756j:image

他の設備はいたって普通でした。

 

ラウンジは若干狭めだが、パソコンやコーヒー自販機が備わっている


f:id:kamigami000bond:20190909211921j:imagef:id:kamigami000bond:20190909211941j:imagef:id:kamigami000bond:20190909211956j:image

う、う〜ん🤔

 

なんというか、PCについては果たして必要なのかと思いたくなりますよね。当時は気温が高かったのですが、クーラーの効きはあまり良くありませんでした。

 

f:id:kamigami000bond:20190909213115j:plain
f:id:kamigami000bond:20190909213206j:plain

キッチンももちろん備わっています。ガスコンロではなく、IHクッキングヒーターというやつですね。そして冷蔵庫もあります。


f:id:kamigami000bond:20190909213436j:image

携帯電話の充電もできたりします。しかしまぁ、USBにも対応しているのはなかなか気が効きますね。

 

シャワールームはたった3つしかない…!!!


f:id:kamigami000bond:20190909214907j:image

こちらのゲストハウスを調べていて気になったのですが、シャワールームはたった3つしかありません。

 

そもそも僕が思ってるよりもずっと、ゲストハウスに宿泊できる人数自体が少ないからなのかもしれません。

 

f:id:kamigami000bond:20190909214959j:plain
f:id:kamigami000bond:20190909215014j:plain

シャワールームは地下1階にあり、なんと洗濯機もあります。

 

僕は相変わらず外で洗濯はしないのですが、使い方を学ぶべく、無理にでも使う機会を設けた方が今後のためになるのでしょうか。

 

Wi-Fiの接続は超良好

 

Wi-Fiは電波の強度がとても強かったので、動画視聴やブログの更新が捗りました。

 

ゲストハウス周辺には何もない

 

主要駅にも関わらず、まともな飲食店はほとんどありません。なので外食するなら、JR大阪駅の方まで歩かなければなりません。地味に距離もあるので、なかなか大変です。

 

僕は必死に吉野家を探しました。汗で服がドボドボになりました。

 

 

近くにですがスーパーがあるので、いざとなれば自炊するという選択もアリなのではないかと思います。


f:id:kamigami000bond:20190910090011j:image

 

まとめ

 

とにかく価格の高いこちら「AZ HOSTEL」というゲストハウスですが、3,500円に見合ったかと問われれば、見合わなかったと答えます。

 

 

これまでのゲストハウスは、2,000円かそれ以下の価格で「AZ HOSTEL」と同等のサービスを受けられました。その中で3,500円はあまりに高価格でした。

 

ネットではどのサイトにも、「AZ HOSTEL」は人気だと書かれていたので、気になって味見してみました。やはりと言うべきか、広告料か何かを支払ってサイトに載せてもらっていた感が滲み出ていた気がします。

 

 

もう1,000円ほど安ければなぁという思わずにはいられませんでした。

 

ちくしょう、なんで3,500円もするんだ。もう消費増税しちまったのかよ。

 

 

やはり大阪のゲストハウスは、2,000円あたりが目安ですね。安すぎないけど高すぎもしない。やはり宿泊するなら、多少は価格も考慮すべきですね。

 

 

はい、発達障害もどきがお送りしました。

 

余談

 

お酒を飲んだ影響なのか、寝ている最中に「○ねや、ゴラァ!!!!! 」と大声を発するという自体が起こってしまいました。

 

僕如き陰キャが怒ったとしても、周りの人はヘラヘラ笑うことの方が多いのですが、おそらく寝ている最中の僕の怒鳴り声はなかなか怖かったのではないかと思います。発した僕自身が一番恐怖してましたし。

 

加減も容赦も何一つない怒鳴り声でした。迷惑かけてしまった方、ごめんなさいね(๑´ڡ`๑)♡テヘペロ