発達障害もどきの行く末

ASDグレーゾーンと診断された大卒非正規でも、死ぬときだけは後悔を残したくない

ラッキーなホテルに宿泊してきたよ

どうも、発達障害もどきです。略して「はつしがもどき」です。

 

今回は超久々に、あいりん地区のドヤに泊まった感想を述べていきたいと思います。

 

 

▼前回の記事はこちら

 

今回宿泊したのはこちらのドヤになります。


f:id:kamigami000bond:20191015185041j:image

ホテル☆ラッキーです。

 

名前通り、ラッキーなホテルのようですが、果たしてどこがどうラッキーなのか、それを検証すべく今夜はここで寝泊まりしたいと思います。

 

 

あ、ちなみにホームページから予約できるはずだったのですが、僕の場合、何故かできませんでした。なので電話で予約することになりました。開幕からアンラッキーが漂ってきましたね…(*´•ω•`*)

 

 

お値段は一泊1,800円でした。増税前と同じかは分かりませんが、おそらく同じかと思います。部屋は和式と洋式のどちらかを選べますが、僕は洋式を選びました。あいりん地区のドヤは基本的に和式が多かったので、たまには西洋の文化も取り入れたいと思ったのがきっかけです。

 

フロントのお姉さんから部屋の鍵をもらい、エレベーターで3階に移動します。靴はフロントで脱いで、スリッパに履き替えます。脱いだ靴はそのまま持っていきます。靴を入れるための袋を持っていくといいでしょう。


f:id:kamigami000bond:20191015190825j:image

狭いですが、共用のロビーです。

 

さて、3階に到着です。


f:id:kamigami000bond:20191015191106j:image

各階にはトイレと洗面台がありました。もちろん、トイレはウォシュレット付きでした。事前に調べておいて抜かりなしです。


f:id:kamigami000bond:20191015191233j:imagef:id:kamigami000bond:20191015191243j:image

トイレ談義はここまでにして、早速部屋を覗いてみましょう。

 

ガチャ☆


f:id:kamigami000bond:20191015191351j:imagef:id:kamigami000bond:20191015191402j:image

素晴らしい。まさにラッキー☆なホテルですね。机もあるので、作業台にも困りませんね。


f:id:kamigami000bond:20191015191722j:image

ここで早速、買ってきたお弁当を食べたいと思います。唐揚げが良かったのですが、売り切れだったので豚カツで妥協します。


f:id:kamigami000bond:20191015191839j:image

その間にWi-Fiの設定をしていきます。なんとこのラッキー☆ホテル、5G回線が導入されているのです。

 

ほんっっっと、ラッキーなホテルだぜ!!!

 

 

パスワードを入力して接続!!

 

したのはいいのですが、どうやら繋がらないらしくすごく落胆してしまいました。

 

くそっ、アンリミテッドネットワークスできない!!!!

 

 

さらに追い討ちをかけるように、とあることに気づきます。部屋の写真を見れば分かると思うのですが、この部屋にはなんとコンセントがありません。つまりスマホの充電ができないのです。

 

 

 

ウセやろ?

 

その瞬間、僕の中でホテル☆ラッキーは、ホテル★アンラッキーへと変わりました。え、コンセントないとかマジ…? マジで言ってんの…? え、え、え…?

 

しかしテレビのところをよく見ると、コンセントの空きがありました。しかしベッドからかなり距離があるので、充電するのも一苦労です。


f:id:kamigami000bond:20191015212730j:image

そこで、このホテルの説明書を見たところ、延長コードなるものがあるそうなので、フロントから借りてきます。


f:id:kamigami000bond:20191015193248j:image

これでベッドまで届くか確かめましょう。


f:id:kamigami000bond:20191015193439j:image

余裕でした☆

 

しかしこのままだと、枕の位置を変えないといけなくなりそうですね。まぁそこは目を瞑りましょう。

 

 

部屋は豪華だったのですが、なんというか、いろいろと利便性に欠けているなと思いました。

 

 

さて、気を取り直してお風呂に行きます。大浴場と個室シャワーがあるそうですが、今夜は派手に大浴場といきます。シャンプーとリンスは備え付けですが、タオルは持参する必要があります。


f:id:kamigami000bond:20191015193936j:image 

さて、ここで服を脱ぎ捨て、お風呂に入ります。


f:id:kamigami000bond:20191015194236j:imagef:id:kamigami000bond:20191015194246j:image

湯船はまさかの鉄製!!! 超カッコいい!!!!!

 

一度に入れるのは2人までといったところでしょうか。ゲイ同士であればハッテン場と化しますね。そんなこんなで入浴も終わり、部屋に戻ります。ちなみに見ての通り、更衣室にはロッカーはないので、貴重品はあらかじめ部屋に置き、鍵は防水のポーチか何かに入れて持って行きましょう。


f:id:kamigami000bond:20191015212857j:image

 

 

 

 

朝になり、シャワーを浴びました。 こちらのシャワールームは、ゲストハウスとかにありがちなパターンのものですが、まずガスを付ける必要があるようです。

f:id:kamigami000bond:20191015195120j:plain
f:id:kamigami000bond:20191015195241j:plain


チェックアウトは10時なので、それまでダラダラして過ごしてました。


f:id:kamigami000bond:20191016092946j:image

 

 

さぁ、泊まってみた感想ですが、それほどラッキーではありませんでした。と言うのも、いくつか宿泊する上で不便だと感じたポイントがあったからです。

 

まずWi-Fiですが、1階しか繋がりませんでした。正直な話、ほぼこれ目当てで宿泊に来ていると言ってもいいくらいです。5G回線とは一体何だったのか。次に、ベッドのそばにコンセントがなかったこと。延長コードがたまたま借りられたから良かったものの、もし借りられていなかったらと思うと、ゾッとせずにはいられませんでした。

 

あとはそうですね、ネット予約ができなかったところでしょうか。確かに人によっては電話で予約した方がやりやすいでしょう。しかし、僕のような陰キャにとっては、ネット予約の方が助かります。人と話さなくていいので。

 

しかし1,800円ということを考えると、この程度なのかなとも思いました。過度な期待は止しといた方がいいですよね。

 

久々にあいりん地区に泊まってきましたが、飯屋なども、増税の影響をほとんど受けていないようで安心しました。

 

ホテル☆ラッキーは前々から泊まってみたいなと思っていたので、こうして泊まることができて良かったです。あいりん地区のドヤの全てを制覇するというのも面白そうですが、僕としてはやはりWi-Fiは欠かせません。なのでWi-Fiがないところは勘弁ですね。

 

長々としましたが、今回はここまで。頻繁に寝泊まりに行くと飽きますが、たまにリフレッシュがてら泊まりに行くのはいいと思います。

 

 

では、発達障害もどきでした☆