発達障害もどきの行く末

ASDグレーゾーンと診断された大卒非正規でも、死ぬときだけは後悔を残したくない

ネット断捨離したい方必見!!無駄なネットサーフィンを今すぐやめて有意義に過ごそう!!

突然ですが、僕はいわゆるネット依存性です。

 

以前はソシャゲでしたが、現在は手が空いたときは、適当な単語を入れてググったりしています。

 

 

検索して出てきたページを見て暇を潰すといったところでしょうか。特に知識として吸収するといったこともほとんどなく。

 

ずっと前からなのですが、この一連の作業が無駄だと感じていました。しかし時間があればダラダラと、ネットサーフィンしていました。

 

 

最近になって、このままではいけないと一念発起し、僕なりに無理なくネットと関わっていく方法を編み出しました。 

 

今回はそれについて取り上げていきます。

 

 

検索した単語をメモに書き写すしておく

 

f:id:kamigami000bond:20190528061743j:plain
f:id:kamigami000bond:20190528061754j:plain
f:id:kamigami000bond:20190528061807j:plain

 

はい、こちらがここ最近、僕がネットで検索してきたワードになります。

 

とにかく内容が一貫していませんね。趣味のことやどうでもいいようなこと、ネガティブなことなど。頭の中が常に混乱してんのかって話ですね。

 

 

空き時間にネットサーフィンする人って、おそらく僕みたいに一貫性がない人間なのだと思います。

 

 

検索した単語が役に立ったのかチェックする

 

検索した単語をメモした後は、まぁいつも通り中身を見ていきます。そして実際その中身を見て、自分にとって役に立ったのか判断します。

 

f:id:kamigami000bond:20190528061821j:plain
f:id:kamigami000bond:20190528061835j:plain
f:id:kamigami000bond:20190528061849j:plain

 

 

まぁ言わずもがな。「〇」は役に立った「△」は微妙、そして「×」は役に立たなかった、です。

 

 

 

はい、ご覧の通り「×」が多かったですね。そうです、検索した単語のほとんどが自分にとって何の役にも立っていません。

 

 

スマホを初めて手にしたときから、何一つ生産性がないことをずっと繰り返してきたわけです。

 

楽しかったわけでもストレス解消になったわけでもありません。単純に時間を潰していた、それだけです。

 

断ち切る方法

 

ネット解約すればいいじゃんで済むほど、簡単な話ではありません。

 

今の時代は、スマホを持っていることが前提の情報社会。それを手放してしまうと情報収集や連絡のやり取りが一切できなくなります。

 

 

なのでほどほどに付き合っていく必要があります。僕なりにどうすればよいかまとめてみました。

 

①検索しないときはいつも機内モードに設定しておく

 

電話の予定が特にないのであれば、常に機内モードに設定しておきます。

 

何か調べようとしても、そもそもネットに繋がらないわけですからネット依存になりようがないです。

 

 

それでもまだ調べてしまうようであれば、検索した単語をメモして、それが役に立ったかどうかあとで吟味するといいでしょう。

 

②ネットサーフィンはWi-Fiが繋がったときだけと決めておく

 

基本的にWi-Fiを使うには外に出る必要がありますよね。

 

普段は必要なとき以外はネットを使わず、Wi-Fiが使えるときだけネットサーフィンを許してあげるのです。

 

 

Wi-Fiを使うには、スタバやネカフェを使わなければいけません。そういう場所は基本的にお金がかかります。ネットサーフィンをしたいがためにわざわざお金を払いますかね?

 

もちろん、検索した単語をメモするのはお忘れなく。

 

まとめ

 

こんなところですね。まだまだネット依存性を解消できていない現状ではありますが、これからも無理なくネット依存をやめられる努力を続けていくつもりです。

 

はい、発達障害もどきでした。