発達障害もどきの行く末

ASDグレーゾーンと診断された大卒非正規でも、死ぬときだけは後悔を残したくない

あいりん地区のドヤ街に泊まってきたよ(前編)

どうも、発達障害もどきです。略して「はつしがもどき」です。

 

今回はあいりん地区のドヤ街に宿泊した感想を述べていこうと思います。

 

 

 

「あいりん地区? ドヤ街? 何のこっちゃ? 」

 

って方も安心して下さい。その部分も含めて紹介していきます。

 

 

あいりん地区は、大阪府大阪市西成区の北部、JR西日本新今宮駅の南側に位置する簡易宿所寄せ場が集中する地区の愛称である。

 

宿泊料金が安いため、近年はバックパッカーの宿泊地としても人気を集めている。

 

場所は大阪の西成区。実を言うと、僕の家から結構近い距離にあります。

 

安い値段で泊まれるホテルが密集した地域として有名ですね。バックパッカーがたくさん集まることから、駅からのアクセスも良いみたいです。

 

あいりん地区には路上生活者が多く居住している。この地域は住所不定日雇労働者が多いため、人口統計は国勢調査でも明確に把握できていない可能性がある。

 

NPO団体や宗教団体などが炊き出しなどを頻繁に行っており、実施の際は公園に人が列を作って並ぶことがある。また、この地域の物価(料金体系)は隣接している他地区と比べ、総じて低いのが特徴となっている。

 

なんと、ホームレスの溜まり場になっているようですね。物価もかなり安いそうです。

 

そしてドヤがい についてですが、数多くの日雇い労働者たちが住む街のことで、「ドヤ」とは「宿やど 」の逆さ読みなのだそうです。なんで逆さ読みしているのかは不明ですが。

 

 

 

さて、実際にそんな物騒な街に寝泊まりした山ちゃまですが、思った以上に大きなトラブルもなく、むしろ楽しく(?)過ごすことができたと思います。

 

 

前置きはここまでに、具体的に紹介していきます。

 

 

新今宮の駅からこんにちは


f:id:kamigami000bond:20190603182447j:image

 

新今宮駅 西口から外へ出ると、目の前に自転車置き場が広がってます。そこを左に行きます。


f:id:kamigami000bond:20190603182550j:image


f:id:kamigami000bond:20190603182744j:image


f:id:kamigami000bond:20190603182816j:image

 

進んでいくと、大阪社会医療センター付属病院の建物が見えると思います。その建物の前にある信号を渡ります。そしてそのまま道なりに真っ直ぐ進みます。


f:id:kamigami000bond:20190603183249j:image

 

まだまだ真っ直ぐ進みます。途中で何かありましたが、気にしない。


f:id:kamigami000bond:20190603183456j:image

 

ここでストップ。左側に看板があるのが見えますでしょうか。そうです、そこが僕が泊まるホテルです。

 

 

 

ビジネスホテル加賀にチェックインする


f:id:kamigami000bond:20190603183618j:image

 

ビジネスホテル加賀です。この周辺には多くのホテルがあります。とうとうあいりん地区のドヤ街に足を踏み入れたのだと実感しました。


f:id:kamigami000bond:20190603203729j:image


f:id:kamigami000bond:20190603203757j:image

さて、チェックインが完了しました。

 

部屋はいくつかタイプがあったのですが、ほとんどが満席でした。一番安いので1,900円だったので、その部屋にしました。

 

※会計時にカギ保証料としてさらに1,000円取られますが、チェックアウトのときに返却されます。

 

 

部屋についてですが、思ったほど悪くありませんてました。むしろ快適に過ごせると思ったほどです。  


f:id:kamigami000bond:20190603203903j:image


f:id:kamigami000bond:20190603203928j:image


f:id:kamigami000bond:20190603184506j:image

 

エアコンも付いています。ですが部屋自体は狭いので、途中で効きが悪くなるでしょう。

 

さて、こちらが共同トイレになります。


f:id:kamigami000bond:20190603204205j:image


f:id:kamigami000bond:20190603204245j:image


f:id:kamigami000bond:20190603204342j:image

みなさん、トイレはウォシュレット付きですよ!!!

 

現代人には欠かせませんねぇ!!!!!

 

気になる続きは後編にて!!!!

 

そもそもなんで泊まろうと思ったか

 

過去にあいりん地区のホテルに泊まったという人のツイートを見たのがキッカケですね。

 

その人は1,000円のホテルに泊まったそうなのですが、布団は洗われておらず、テレビも地デジに対応していないため映らなかったらしく、おまけにエアコンもない部屋だったのです。

 

 

「あいりん地区のホテル、マジやばくね?」

 

 

と思いつつも、そんな常識ハズレなホテルの存在に惹かれている自分がいました。

 

今回泊まったホテルはまともでしたが、肝試しとしてそういうホテルにも泊まってみたいですね。


f:id:kamigami000bond:20190604172428j:image


f:id:kamigami000bond:20190604172453j:image

 

まとめ

 

今回はホテルにチェックインするところまでお送りしました。

 

後編では、あいりん地区における山ちゃまの晩メシの流儀や、お風呂、街の人たちについて書いていきます。

 

それでは、次の記事でお会いしましょう。