発達障害もどきの行く末

発達障害グレーゾーンと診断されたとある社会不適合者(26)による足掻き。大卒後にひたすらスーパーでレジ打ちしたり、1週間でピッキングの仕事をクビになったり、初めて就いた印刷会社の正社員ですら4ヶ月でクビになるなど、とにかく職歴が悲惨

給付金10万円で "努力できる環境" を買えばいいと思う

f:id:kamigami000bond:20200712055801j:plain

発達障害グレーゾーンこと発達障害もどきです。

 

政府から特別定額給付金、要するに10万円の給付金を受け取った方が、Twitterの方でチラホラいらっしゃるのを確認しました。

 

この給付金10万円ですが、国籍は一切問わず、住民基本台帳に登録されている全ての人に支給されるのです。

 

そして先日、ようやく僕の元にも10万円もの給付金が届いたのです。申請してからここまで本当に長かったなぁ。

 

 

さて本題ですが、この10万円について、みなさんはどう活用しようと考えておりますでしょうか?

 

※生活費とか税金以外でお考え下さればと思います。

 

貯金でしょうか?旅行とか資格勉強といった自己投資でしょうか?

 

発達障害もどきの場合

 

僕の場合、努力できる環境を買うのに10万円を使っていこうと考えてます。まぁ10万円貰う前からすでにやっていたのですが…。

 

努力できる環境って何ぞやって方がいらっしゃるかと思います。

 

 

極端な話、これからテスト勉強をすることになって、

 

「じゃあ勉強しよか!」

 

ってなるわけじゃないですか。

 

 

でも家だと幼い弟や妹、非行に走った姉が鬱陶しいし、家自体も狭いから距離も置けない。そんな状況だと勉強に集中できませんよね。そんなとき

 

「せや…!! 電車で何駅か跨いでまうけど、図書館かどっか集中できるトコで勉強するか…!!!」

 

って思い付くはずです。

 

 

この「勉強のために集中できるトコ」こそ、努力ができる環境なわけです。図書館までの交通費などが、そういった環境を買うための条件になってます。

 

 

努力ができる環境というのは、人によって条件がいろいろ異なります。

 

僕の場合は、ジュースやらお菓子やらゼリーといった嗜好品を展開し、それらを嗜みながらブログを更新したり、就職活動したり、資格勉強に手を付けていきます。

 

f:id:kamigami000bond:20200712212023j:plain

あとはスタバやネットカフェ、コワーキングスペースドヤのラウンジなども利用したりします。家だとダラけて勉強できない人でも、学校や図書館では集中力を発揮できるのと同じですね。

 

 

 

 

他にもご褒美と称して爆食したり、最終手段としてお姉さんのいるメンズエステに行くというのもあります。面倒くさいことをこなした後は、とにかく自分を労ってやります。するとどんなことでも、難なくこなせるようになるかと思います。

 

 

当然ながら、そんなことをしていれば貯金なんて到底できるものではないですし、むしろ貯金は減っていく一方でしょう。

 

 

しかしながら、嗜好品も何も用意しないまま家に引きこもった場合、自分のやるべきことに着手するまでにより膨大な時間や労力が必要になるのではないでしょうか? 最悪の場合、一切着手することなく数年が経過していた…なんてこともあり得るのではと思います。

 

確かにお金を消費するのは怖いですが、最近だとそれ以上に、時間や労力やタイミングなどを無駄にしてしまうのが怖いということに気づきました。

 

お金を使って、あるはずのないモチベーションを買いましょうよ。どうせ僕たち底辺は、崇高な目標を掲げて努力するなんてできっこないんですから。

 

まとめ

 

僕には将来のために何かを頑張るためのモチベーションが皆無であるにも関わらず、

 

とにかく何かしなくちゃ、何か頑張らなきゃ… (強迫観念)

 

という気持ちになってしまうのです。それを抑えるという意味で僕は、ブログの更新や就職活動、資格勉強などに手を付けています。

 

 

努力というのは、僕にとっては結果が保証されないしやりたくもないものです。しかしこのキツい壁を乗り越えようとしない限り、人生というのは100%下り坂の一途を辿ります。

 

やるべきことはあるけど、家にいてはなかなか手が付けられない、という人は、手始めに振り込まれた10万円で、努力ができる環境を買ってみるのはいかがでしょう? 人によっては数万円で済むかもしれません。

 

はい、発達障害もどきこと発達障害グレーゾーンの男でした。

 

みなさんは給付金をどう使うか、もう思い付きましたでしょうか?