継続だけでは意味がない!!!向上心もしっかり持っておこう!!

どうも、何事にも意欲を出せない中途半端人間、ザタです。

 

みなさんは過去に何かを継続してきた、または今も継続していることってありますか?

 

 

数ある名言の一つに

 

「継続は力なり」

 

ってありますよね。素晴らしい名言ですよね。

 

 

 

僕にも継続してきたことがたくさんあります。しかしながら、どれも継続しただけで、何の力にも結び付きませんでした。

 

この記事では僕がそれらについて詳しく述べていきたいと思います。

 

漫画・イラスト

 

小学生の頃から、僕は自由帳に漫画を描き始めました。大学生近くまで続けていましたね。すごい継続力でしょ?

 

最初の方はコマに対して定規も使っていませんでしたが、次第に漫画家が使うような画材も使うようになりました。

 

 

画力の方も、確かに伸びはしました。

 

 

しかし基本的に想像で描いているためか、思ったほど画力は伸びませんでした。模写もしていましたが、完璧主義だったのでなかなかイラストが完成しませんでした。

 

 

一番の問題は漫画・イラストを描くのに時間を費やしすぎたところでしょうか。

 

 

描いたイラストは SNS に投稿することも一切なく、ちゃんとした原稿を描き上げて持ち込みをしたことも一度もありませんでした。

 

 

まさに言葉通り継続しただけの一例です。継続と言うより、執着していただけなのかもしれません。

 

 

英語

 

これも漫画・イラストに次いで継続していたと思います。

 

結果的に 英検2級 まで保有するまでに至りましたが、それ以降はなかなか結果が出なかったため、最終的には挫折しました。

 

しかしそれまでの間、無意味な継続を続けていました。

 

 

 

すでに覚えている文法を何度も反復練習していたのです。

 

忘れまいという思いが先行し過ぎていたのだと思います。

 

 

この無意味なループにハマってしまったのは高校3年生のときでした。当時は他校のオープンキャンパスや受験勉強が控えていました。

 

そんな重要なことにも関わらず、僕は英文法の反復ばかりやっていました。当時は「英語さえ読めればなんとかやっていけんじゃね?」と人生を舐めていました。

 

 

結果、こうして一人の社会不適合者の完成したのでした。

 

「継続は力なり」という言葉に惑わされ、僕のように継続だけしてしまわぬよう、向上心や明確な目的も同時に持って下さいね。でないと人生が破滅しますから。

 

アルバイト

 

学生時代に勤務し始めてから、5年は続いたと思います。スーパーでのレジ打ちがメインでした。

 

 

僕はコミュ障かつ他人に興味を持てないので、接客業をすれば克服できるのではと、淡い期待を寄せていました。

 

 

 

 

しかし入社して間もなくミスを連発しまくりで、何度も泣きそうになりました。しかしそれでも僕は継続してきました。

 

 

粘り強く継続すれば、きっと認めてもらえる。そしてバイトから正社員も夢じゃない!!

 

 

など、今思えばアホな想像してました。

 

 

僕は基本的に仕事ができない人間なので、マニュアルをこなすだけで精一杯です。他の人は臨機応変に対応できたりしますが、僕の場合は他人に全部ぶん投げるか、独断で動いて余計に面倒なことにするかしてしまいます。無能な働き者というやつですね。

 

 

 

あなたが経営者だとすれば、勤続年数が長いだけの無能を昇格させますでしょうか?

 

させませんよね、常識的に考えても。

 

 

 

幸いにも退職勧行はされませんでしたが、最終的には周りの人にも「あいつはダメだ」と諦められていたと思います。

 

コミュ障かつ他人に興味がないという性質も、全く克復できませんでした。人間の本質なんて結局は変わらないのです。

 

 

まとめ

 

こんなところでしょうか。

 

何かを継続し結果を出すには、継続力だけでなく向上心と目標をしっかり持たなければいけません。

 

僕の場合、継続することだけに執着し、余計に人生が破滅したのだと思います。

 

 

継続しても結果は出ないばかりか、意欲も何もかも見い出せないようであれば、いっそのことやめてしまった方が楽です。

 

 

その際、家族の存在が気になる人もいると思いますが、ギャーギャー言ってこようと親は、あなたの人生の責任は取ってくれません。

 

無理に何かを継続してうつ病になっても理解を示してくれることもないでしょう。いっそのこと無視しましょう。最悪野垂れ死ぬ覚悟を持ってでも逃げてしまいましょう。

 

 

まぁこんなところですね。継続したものがやめられなくなる要因の一つに家庭環境もいうのもありますが、ここでは語りません。

 

はい、ザタでした。