発達障害もどきの行く末

ASDグレーゾーンと診断された大卒非正規でも、死ぬときだけは後悔を残したくない

吉野家で初めてテイクアウトしてみた

どうも、発達障害もどきです。略して「はつしがもどき」です。

 

今回は吉野家について少しお話しつつ、今回初めて牛丼をテイクアウトした感想について述べていきたいと思います。

 

初めて吉野家と出会った日

 

あれは学園祭の準備期間中における出来事でした。ちなみに大学のです。

 

僕は帰宅途中、小腹が空いてしまいました。

 

 

「やべぇ、腹減った…(><) でも夕飯までまだまだ時間あるしなぁ…。でもコンビニ飯なんぞ食いたくはないのだが…(>_<)」

 

 

僕はとうとう我慢することができず、駅の近くの飲食店でお腹を満たすことにしました。

 

その飲食店こそが吉野家だったのです。

 

 

吉野家の存在自体はずっと前から知っていました。

 

 

美味い・安い・早い

 

 

の三拍子で有名な大手牛丼チェーン店です。

 

 

店内に入り、僕はオーソドックスに牛丼の並盛を注文しました。当時の値段は300円前後で、僕のような貧乏人にとってまさに贅沢なご馳走でした。

 

目の前に牛丼が出されたので、むしゃむしゃ食べます。

 

 

「美味い…!!!!! 美味すぎる…!!!! 世の中にはこんなに美味しい食べ物があったのか…!!!!!! 」

 

 

初めて食べた当初、感動のあまり号泣しました。

 

初の牛丼テイクアウト

 

さぁ、ここからが本題です。

 

吉野家マクドナルドみたく、テイクアウトのサービスも行っています。

 

僕はいつも店で牛丼を食べていたのですが、何を思ったのか、突如テイクアウトすることに決めました。

 

いつも通り会計を済ませ、家に牛丼を持ち帰ります。


f:id:kamigami000bond:20190728155251j:image

ごまと紅しょうが、割り箸も同梱されています。早速中身を見ていきましょう。


f:id:kamigami000bond:20190728155647j:image

Wow…

 

見た目も店で出されるものと同じです。

 

ちょうど家に野菜とみそ汁があったので、牛丼を添えてみます。


f:id:kamigami000bond:20190728160747j:image

うわぁ、すげぇ美味しそう!!!!!

 

僕はよく牛丼と一緒にポテトサラダとみそ汁を注文するのですが、家に何かある場合、こうして持ち帰ってみるのも悪くないですね。

 

 

味については特に何も変わりなく、普通に美味しかったです。

 

まとめ

 

以上、僕の牛丼談義でした。

 

みなさんは牛丼は店で食べる派ですか?それともお持ち帰りする派ですか?

 

よろしければご意見お待ちしておりますm(*_ _)m