発達障害もどきの行く末

ASDグレーゾーンと診断され、やっと就いた正社員も4ヶ月でクビになった大卒底辺でも、死ぬときだけは後悔を残したくない

南大阪・泉州エリアにある数少ないコワーキングスペース「Co-Labo'S(コラボス)」を訪問してきたよ

f:id:kamigami000bond:20200501144604p:plain

今回ご紹介するのは、南大阪にある「Co-Labo'S(以下:コラボス)」というコワーキングスペースになります。

 

こちらのコワーキングスペースはなんと、りんくうタウン駅から直結しているため、誰でも迷わずに行くことができます。

 

 

大阪のコワーキングスペースというのは、どこも大阪市内に集中しがちです。この「コラボス」は、南大阪にある貴重なコワーキングスペースの一つなのです。

 

 

僕が南大阪で他に行ったコワーキングスペースというのは、このコワーキングスペース LR」しかありません。なので実質ないと言っても過言ではないのです。

 

 

話は逸れましたが、早速こちら「コラボス」を利用してみた感想について語っていきたく思います。

 

 

コラボスで作業してきた発達障害もどき

 

f:id:kamigami000bond:20200501144612j:plain

利用者はそこまでいなかったので、普通に使うことができました。

各テーブルにはコンセントがあるので、充電しながら作業したい人にはオススメですね。

 

f:id:kamigami000bond:20200501144643j:plain

高速で使える Wi-Fi もあるので、動画や画像をいっぱいダウンロードしたい人にとっては朗報です。

 

 

店内は穏やかな気持ちになれる BGMが流れているので、気分良く作業することができました。

 

ちなみにですが、初回利用時は会員登録が必要なので、必ず身分証明ができるものを持って行きましょう。

 

f:id:kamigami000bond:20200501144619j:plain

こちらは読書スペースといったところですね。デスクワークに疲れたらちょっと一服入れるのもアリですね。

 

 

コラボスの営業時間および利用料金について

 

2時間につき 500円となっており、その後 1時間ごとに 200円ずつ加算されていきます。

 

1日の利用で 1,000円ですので、短時間であれば 2時間以内、長時間であれば 1日利用がオススメかと思います。

 

 

営業時間については原則、スタッフが滞在している 9:00~18:00 までとなっていますが、月額会員になれば 6:00~24:00 まで利用することができます。

 

年末年始以外は基本的に営業しているので、平日時間を取ることができない人には大助かりです。

 

料金については後払いなので、払い忘れがないようにご注意を。

 

その他設備面について

 

f:id:kamigami000bond:20200501144627j:plain

こちら雑魚寝ができるスペースになりますが、利用時はスタッフに一声入れておきましょう。

 

f:id:kamigami000bond:20200501144639j:plain

無料で飲めるドリンクコーナーはこちらになります。残念ながらウォーターサーバーはありませんでした。

 

トイレについては「コラボス」の中にはなく、駅のトイレを使うことになります。距離が離れているため、あまり行かないようにした方がいいです。

 

コラボス利用時のメリット・デメリット

メリット

  • Wi-Fi の接続が超高速
  • 各テーブルにコンセントがある
  • 年末年始以外は基本的に営業している
  • 店内 BGMが癒し系

デメリット

  • 初回利用時は会員登録しなければならない(身分証明証の持参必須)
  • ウォーターサーバーがない
  • トイレとの距離が離れている

まとめ

 

今回は南大阪にある数少ないコワーキングスペースの一つをご紹介させていただきました。

 

近場の人にはオススメであり、上手く利用すれば、飛行機の待ち時間としても利用できるかもしれません(笑)