発達障害もどきの行く末

発達障害グレーゾーンと診断されたとある社会不適合者(26)による足掻き。大卒後にひたすらスーパーでレジ打ちしたり、1週間でピッキングの仕事をクビになったり、初めて就いた印刷会社の正社員ですら4ヶ月でクビになるなど、とにかく職歴が悲惨

例の山奥ニートの記事がバズった理由について考えてみる

発達障害もどきこと発達障害グレーゾーンの男です。

 

先日のことではありますが、以下の記事を Twitterで共有してみたところ、見事にバズりました。

 

 

内容としては、山奥ニートが住んでいる共生舎にメールを送り、その返ってきたメールの中身を見て思ったことについて述べた記事になっています。

 

f:id:kamigami000bond:20200719075732j:plain

 

今回はどうしてその記事がバズったのか、理由についてアレコレ考えてみる内容になっております。

 

では、どうぞご覧下さいませ。

 

 

"自分のことをニートだと思い込んでる限界集落の移住者" というワードが、山奥ニートたちの怒りを買った説

 

f:id:kamigami000bond:20200719075748j:plain

僕としてはこれが一番、山奥ニートたちの目を引いたんじゃないかと思っています。

 

山奥ニートたちのことを

 

「就職してちゃんと働け!」

「いつまでもそんな怠惰な生活ができると思うな!」

「そんなに遊び惚けて、老後は一体どうするつもりだ!」

 

とバッシングしてくる人たちが多いですが、僕としては彼らをそういうふうにバッシングするのは、明らかに筋違いであると思っています。

 

 

つい先日、世界一受けたい授業にて山奥ニートのことが取り上げられておりました。

 

今の日本が見えてくる!新しい生き方SP!山奥ニートってなに?新しい教育に挑む、話題のN高等学校!新しい生き方に密着!

 

f:id:kamigami000bond:20200719081836p:plain

 

山奥の限界集落(山間部で65歳以上が50%以上)で、定職につかず自由に集団生活をしている人々のこと。


彼らは自分たちのことを「山奥ニート」と呼んでおり、地域の役に立ち、年金や保険料もちゃんと払っている。

 

 

 

番組によると、彼らは地域住民としっかりコミュニケーションを取り、警察や救急の人が円滑に仕事ができるよう、サポートなどもしていました。

 

 

さらに彼らの大半は、シカやヘビを捕まえるための狩猟免許も取得していたのです。

 

 

集団生活についても、周りと一切トラブルを起こしていないため、彼らが自分たちのことを「ニート」と名乗っていることについて、最早違和感しか抱けませんでした。

 

f:id:kamigami000bond:20200719075739j:plain

 

本当のニートとは、コミュ力もなく仕事もろくにできず、他人に興味がないばかりか、自分に関心のあること以外はほとんど無知であり、協調性も著しく欠如している学習性無力感に苛まれた人間

 

であると僕は考えています。なので山奥ニートの人たちが考えてる「ニート」とは、確実に大きな隔たりがあると思います。

 

彼らは、いわゆる普通のニートが浴びせられるようなバッシングには慣れてこそいれど、

 

自分のことをニートだと思い込んでる限界集落の移住者」

 

と言われることに対して、あまり耐性がなかったのではないかと思います。その結果、僕に突っかかってくるということになったのではないでしょうか。

 

 

Twitterのトレンドに「山奥ニート」が上がってたから、それに便乗した

 

f:id:kamigami000bond:20200719075735j:plain

まぁ言うまでもないですね。 

 

世界一受けたい授業で「山奥ニート」が取り上げられたとき、Twitterのトレンドには「山奥ニート」が上がっておりました。

 

今だァァァァァァ!!!

 

と言わんばかりに、僕は山奥ニート関連の記事を投稿していったのを覚えてます。

 

 

その日の PV数は僕がブログを開設して以降、最高値を記録しました。一時的ではありましたが良い経験になったと思います。

 

タイミングを見計らって便乗することで、ブログを見てくれる人が急増するということを、身をもって学べた瞬間でした。

 

まとめ

 

山奥ニートみたく「ニート」を自称することで、何かしらコンテンツを提供していく人というのは一定数います。Phaさんもその一人です。 

 

 

Phaさんの活動も山奥ニート同様、「ニート」を名乗りつつシェアハウスを運営したり、本やブログを執筆するなど、ニートではなくむしろ実業家という側面が強いです。

 

 

ニート」という言葉を使い、今現在ニートや引きこもりといった社会不適合者の方々をターゲットにしたビジネスといったところでしょうか。

 

 

もし仮に山奥ニートという名称などではなく、ただの限界集落の移住者であれば、誰も見向きもしなかったでしょう。

 

はい、発達障害もどきこと発達障害グレーゾーンの野郎でした。